メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫も人も幸せに

譲渡し「生かす施設」に=香取章子

譲渡猫室で飼い主を待つ猫

 罪のない動物たちを殺処分しないで――。世論の高まりを受けて、自治体の動物収容施設が「殺す施設」から「生かす施設」へと変わりつつある。

 昨年2月に移転・新設され、全国をけん引する施設として注目されている川崎市動物愛護センター「ANIMAMALL(アニマモール)かわさき」を訪ねた。JR南武線の平間駅から徒歩約7分。敷地面積2500平方メートル、延べ床面積2308平方メートルの明るく開放的な3階建ての施設だ。

 1階には事務室の他、地域の人からの相談に応じて「飼い主のいない猫」の去勢・不妊を行う手術室がある。川崎市でも収容される猫の約7割は子猫。不妊・去勢手術を行えば、殺処分の削減につながることは間違いない。2階は犬のフロア。3階の猫のフロアには、ガラス張りの「譲渡猫室」がある。「新しい飼い主さんを待っている猫が生活する部屋です」と書かれていて、譲渡への意欲が伝わってきた。室内に並ぶケージは背の高い2段…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです