名古屋の70代女性感染、重篤症状 4人部屋で容体悪化し移動後確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入院患者の新型コロナウイルス感染について説明する南生協病院の長江浩幸院長(右)と水野裕元副院長=名古屋市緑区の南生協病院で2020年2月29日午後11時39分、駒木智一撮影
入院患者の新型コロナウイルス感染について説明する南生協病院の長江浩幸院長(右)と水野裕元副院長=名古屋市緑区の南生協病院で2020年2月29日午後11時39分、駒木智一撮影

 名古屋市は2月29日、市内の70代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は同市緑区の総合病院「南生協病院」に入院中で、これまでに感染が確認されている人との接触は今のところ確認されていないという。

 女性は23日朝、発熱や嘔吐(おうと)などの症状を訴えて同病院に救急搬送され、肺炎と診断されて入院した。当初容体は安定しており、一般病棟の4人部屋に…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集