見送り方針の金沢市が一転休校へ 市長、首相会見で「強い思い伝わった」と方針転換

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 金沢市の山野之義市長は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大による政府の要請を受け、5日から19日まで市立学校を休校すると発表した。当初は「休校の根拠が必要」として、2日からの休校は見送るとしていたが、2月29日に安倍晋三首相が記者会見。「強い思いが伝わってきた。保護者に安心感も与える」として方針転換した。

 対象は全ての小、中、高校80校(2分校含む)。保護者や企業の負担を軽減するため、小学1~3年生は送迎などの条件付きで受け入れる。休校を5日からとするのは、家庭での学習機会確保の準備や、保護者が勤務先と調整する時間が必要なため、としている。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集