「簡単に休めない」「騒ぎすぎ」 緊急事態宣言の北海道 市民に戸惑い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1日から臨時休館となり、閑散とする札幌市時計台=札幌市中央区で2020年3月1日、貝塚太一撮影
1日から臨時休館となり、閑散とする札幌市時計台=札幌市中央区で2020年3月1日、貝塚太一撮影

 鈴木直道知事から、2月29日、3月1日の2日間の外出自粛を求める「緊急事態宣言」が出された北海道。人が集まる観光地などにいつものにぎわいはなく、街にはさまざまな声があふれた。

 札幌市中心部にある百貨店「札幌三越」は1日、地下の食品フロアのみで営業した。勤務先から帰宅途中に立ち寄った50代女性は「29日に家の近くのスーパーに行ったら、買おうと思っていた肉などが全然なくて困った」と生活への影響を感じる。緊急事態宣言については「迅速な判断」と評価する一方、「ホテル業なので簡単に休めない。業務中にウイルスをもらって娘にうつさないか」…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集