経営委介入「郵政目線」 かんぽ報道 NHK前会長厳重注意会合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森下俊三氏=東京都渋谷区のNHK放送センターで2019年12月24日午後6時50分、藤井達也撮影
森下俊三氏=東京都渋谷区のNHK放送センターで2019年12月24日午後6時50分、藤井達也撮影

 かんぽ生命保険の不正販売を追及したNHK番組を巡り、NHK経営委員会が2018年10月23日に当時の上田良一会長(今年1月退任)を厳重注意した際の議論の詳細が、複数の関係者への取材で明らかになった。当時委員長代行の森下俊三・現委員長が、石原進委員長(19年12月退任)とともに、郵政グループの意向を代弁するかのように、放送法で禁じられる番組介入の疑いが強い主張を展開。上田氏や一部委員の抵抗を押し切り、厳重注意を強行した。関係者は「森下氏の委員長としての資質が問われる」と批判する。【NHK問題取材班】

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2506文字)

あわせて読みたい

注目の特集