メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新厚底シューズ」記録底上げ 世界陸連ルールギリギリの39.5ミリ 東京マラソン

スタートに臨むトップ選手たちが履く厚底シューズ=東京都新宿区で2020年3月1日、宮間俊樹撮影

 東京マラソンは1日、東京都庁をスタートして東京駅前に至るコースで行われ、東京五輪の日本代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」を兼ねた男子は、大迫傑(ナイキ)が2時間5分29秒の日本新記録で日本勢トップの4位に入り、五輪代表入りへ大きく前進した。大迫の日本新記録を後押ししたのが、機能性が向上したという「新厚底シューズ」だった。

 米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」で、東京が国内レースのお披露目となった。ワールドアスレチックス(世界陸連)が1月31日に定めた新ルールで靴底の厚さは40ミリ以内などと規定されたが、その5日後に発表された新モデルの厚さは39・5ミリ。まさに限界ぎりぎりの「厚底」だった。

 ナイキによると、MGCや正月の駅伝で話題になった「ピンクシューズ」のモデルより、クッション性など機能がさらに向上…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. コロナで休業、補償なし ヤマハ英語教室講師の1200人 給与所得者を個人事業主扱い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです