春場所は戦後初の無観客開催 新型コロナ感染拡大で 日本相撲協会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
春場所の開催について審議される日本相撲協会の臨時理事会=大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で2020年3月1日午後1時49分、大西達也撮影
春場所の開催について審議される日本相撲協会の臨時理事会=大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で2020年3月1日午後1時49分、大西達也撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて日本相撲協会は1日、大阪市内で臨時理事会を開き、大相撲春場所(8日初日・エディオンアリーナ大阪)を無観客で開催することを決めた。本場所が一般に公開されないのは、終戦直前の1945年6月に非公開で行われた夏場所以来。

 春場所開催について協会は番付発表翌日の2月25日に対応を協議し、通常開催、無観客での開催、中止の三つの選択肢を検討した。その後、スポーツ庁…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集