メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

東京マラソン男子優勝 レゲセ 「30キロ以降、左脇腹に痛みが出た」

1位でフィニッシュするビルハヌ・レゲセ=東京都千代田区で2020年3月1日、喜屋武真之介撮影

 東京オリンピック男子マラソン代表選考会を兼ねた東京マラソンが1日、東京都庁から東京駅前までのコースで行われ、世界歴代3位の記録を持つ25歳のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分15秒で2連覇した。

 終盤まで大会記録(2時間3分58秒)更新も狙えるペースだった。25キロ付近で同じエチオピアの2選手と抜け出し、38キロ付近でスパートをかけた。ただ30キロ以降は左脇腹付近の痛みに苦しみ、「タイムよりも勝負に集中し…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです