メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

忘れられた“傑作”=勝田友巳

 アカデミー賞作品賞とカンヌ国際映画祭のパルムドール。映画人なら誰もが憧れる映画賞の双璧だ。片方だけでも一大事なのに「パラサイト 半地下の家族」は両方を制したのだから、快挙というほかない。その偉業を達成したにもかかわらず、すっかり埋もれてしまった米映画がある。1955年の「マーティ」(デルバート・マン監督)だ。

 テレビドラマを映画化したラブストーリー。不器量で小太り、30代半ばで彼女ナシのマーティが主人公だ。ダンスホールで置き去りにされた地味な教師のクララと出会い、結ばれる。派手なドンデン返しもなければ社会問題を扱っているわけでもない。いい映画だが、どうしてオスカーとパルムドールなのかピンとこない。アカデミーでは監督、脚色両賞や主演のアーネスト・ボーグナインの主演男優賞も受賞した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです