メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

忘れられた“傑作”=勝田友巳

 アカデミー賞作品賞とカンヌ国際映画祭のパルムドール。映画人なら誰もが憧れる映画賞の双璧だ。片方だけでも一大事なのに「パラサイト 半地下の家族」は両方を制したのだから、快挙というほかない。その偉業を達成したにもかかわらず、すっかり埋もれてしまった米映画がある。1955年の「マーティ」(デルバート・マン監督)だ。

 テレビドラマを映画化したラブストーリー。不器量で小太り、30代半ばで彼女ナシのマーティが主人公だ。ダンスホールで置き去りにされた地味な教師のクララと出会い、結ばれる。派手なドンデン返しもなければ社会問題を扱っているわけでもない。いい映画だが、どうしてオスカーとパルムドールなのかピンとこない。アカデミーでは監督、脚色両賞や主演のアーネスト・ボーグナインの主演男優賞も受賞した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです