連載

台風19号・復興の道標

毎日新聞デジタルの「台風19号・復興の道標」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

台風19号・復興の道標

自宅が床上浸水した信大助教、水害復旧の手順研究 経験生かし、カビのデータ収集 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風19号で自宅が床上浸水したことを機に、信州大工学部建築学科助教の中谷岳史(なかやたけし)さん(41)が浸水被害からの復旧作業の手順について学術研究を始めた。「専門家でありながら分からないことがたくさんあり、間違いも犯した」と被災した経験を振り返り、将来の水害に備えて「復旧手順のレシピ」としてまとめる構想だ。【島袋太輔】

 「被災11日目。家の壁を切ると断熱材に水がたまっていて『ドバー』と出てきた。早く見るべきだったのに『ぬれていてほしくない』との願いだけで、自分の家を切るアクションは起こせなかった」

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1150文字)

あわせて読みたい

注目の特集