メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

観光資源、掘り起こせ LCCピーチが取り組み 住民とワークショップ 鹿児島・奄美 /大阪

 地元では有名だが全国的には知られていない観光資源を掘り起こして集客につなげよう――。関西国際空港を拠点にする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが新たな取り組みを始めた。「目的地に魅力があれば、移動の需要は自然と生まれる。主役は地方」と、就航先の自治体と一体でさまざまな活性化を模索する動きに注目が集まっている。【鶴見泰寿】

 ピーチは昨年のバニラ・エアとの経営統合で日本最大のLCCとなり、業界3位に躍り出た。成田空港も拠点になり、東西の大都市圏と地方空港をつないでいる。現在、海外を含む全39路線のうち国内で21路線が就航している。

 新たな取り組みを始めたのは、統合したバニラから引き継いで2019年に就航した奄美(鹿児島県)路線。世界自然遺産登録を目指す観光資源豊かな地域だが、観光地としては課題が多い。観光客の多くが夏場に訪れることから、1年間を通して訪れてもらうことも課題の一つ。移住者や地元住民を交えて自治体とワークショップを開き、観光資源の掘り起こしや地域経済の発展について徹底的に語り合った。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです