メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦時法制下の堺、文書などで紹介 人権資料館 /大阪

堺市内の町内会の回覧板文書つづり=堺市中区の平和と人権資料館で、高田房二郎撮影

 堺市中区の市立平和と人権資料館で企画展「戦時法制下の市民のくらし」が開かれている。29日まで。

 1937年に日中戦争が始まり日米開戦へと拡大する中、「国民精神総動員運動」や隣組への組織化などで動員や思想統制、相互監視が進んでいった当時の世相を、堺市内の町内会の回覧板で回された防空訓練などを伝える文…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです