メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長州飛耳長目

障害者スポーツの普及 移動支援に地域差 内容などは市町が決定 /山口

滑り台に似た補助器具「ランプ」を使ってボッチャの練習をする大林さんと補助をする松田さん(右)

 東京パラリンピックまで半年を切り、障害者スポーツの普及が課題となる中、重度の身体障害者らにとっては運動施設までの移動や施設内での介助の有無が障壁になっている。障害者総合支援法では外出時の移動支援事業が設けられているが、支援内容は各市町が決定するため、自治体によっては運動施設内の介助が扶助対象とならないという。日常的にスポーツに触れる助けとなる移動支援事業の運用の現状を追った。【平塚裕介】

 「もう少し左を狙おう」「落差を10センチ調節した方がいいかな」。2月、山口市駅通り1の障害者福祉サービス事業所「アスライフ」の多目的ルームでは、県ボッチャ協会の練習会が開かれていた。ボッチャは「ジャックボール」と呼ばれる的球に、赤と青の球6個を交互に投げてどれだけ近づけられるかを競う競技で、脳性まひなど重い障害の人でも楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです