メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中山スマートIC、21日開通 ETC車のみ利用可能 伊予 /愛媛

中山スマートIC

 伊予市と西日本高速道路が松山自動車道で整備を進めている「中山スマートインターチェンジ(IC)」(同市双海町上灘)が21日午後3時に開通する。自動料金収受システム(ETC)搭載車のみ利用できる「スマートIC」で、県内での設置は初めて。地域住民の利便性向上のほか、救急搬送時間短縮、災害時の救助活動、救援物資の輸送ルートとして期待される。

 設置場所は伊予―内子五十崎IC間で、伊予ICから7・8キロ地点。通勤や通学、買い物などで松山方面へ向かう地域住民が多いことなどから、松山方面への流入と松山方面からの流出のみ可能な「ハーフIC」になっている。従来より、松山―中山間が約9分間短縮されるという。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです