メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

松山城の濠・完 /愛媛

 戦後の一時期、埋め立ての危機にあった松山城はどう守られたのか。前回、前々回の続きです。

 元県庁職員で松前町文化財保護審議会会長を務める藤岡香市さん(80)によると、市民による反対運動は次第に活発になります。15団体で構成する反対期成同盟のメンバーは連日、占領業務を引き継いだ愛媛民事部(軍政部から改称)へ陳情。そして、濠(ほり)の水をかんがい用水として利用する農民の訴えを陳情書にしたためた弁護士、岡井藤志郎(1895~1974)は1949年8月、朝美地区の農家ら100余人とともに民事部のトップ、シャールス司令官に直談判します。

 岡井の手記「松山城濠を救うの記」には経緯が記されています。司令官は当初、あまりに大勢が押しかけたため暴動が起こったと思い、激怒したそうです。いらだちを募らせ、階段近くに立っていた岡井を突き飛ばします。「司令官いわく『公選の市長が提案し、議員が賛成した埋め立て計画は市民の世論であろう』と。それが民主主義のルールなのだから『自分は市政に干渉しない』というわけです。その『干渉しない』という言葉に岡井は…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです