メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥前評論

佐賀の道 /佐賀

 散歩が好きで、佐賀の道はずいぶん歩いた。といってもそれほど根性の入ったウオーカーでもないので、せいぜい市中心部の半径1、2キロの範囲なのだが。

 佐賀は車が「ゼヒもの」といわれるが、歩いた方が楽しい。こぢんまりとした店々のたたずまいに魅力がある。個人や家族で経営しているせいか、あまり他と競うという姿勢を感じないところが心地よい。自足という言葉が思い浮かぶ。

 「自家焙煎珈琲 TaO(タオ)」=佐賀市中央本町=は昨春、赴任してすぐに見つけた。ライブハウスなども入る商業ビルの1階。ガラス戸を開けるとカウンター6席、テーブルが二つ。10人ほどで一杯だ。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです