メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

評論家・坪内祐三さん=1月13日死去・61歳

坪内祐三さん=大井浩一撮影

 肩書は「評論家」と記されることがあった。明治時代の文学から村上春樹まで論じる文芸評論家であると同時に、ロックや映画、プロレスにも詳しいポップカルチャー通だった。これほどジャンル横断的で博識な評論家もまれだ。

 雑誌「東京人」の新人編集者だった坪内祐三さんから原稿を依頼され、初めて会ったのが1980年代の末だ。渋谷についてのエッセーを1本。テーマが決まり、肩の力を抜き渋谷噺(ばなし)に興じると、彼の口から渋谷の細かい地名や店の名が次々飛びだす。東急本店が建つ以前にあった大向(おおむかい)小学校。東急プラザ裏手に力道山が建てたリキ・スポーツパレスのことまで、私より10歳若い青年は知っていた。

 坪ちゃんは「靖国」で本格的デビューを飾る。イデオロギーで語らず、靖国という場所を定点観測し、そこに関わった人びとの連鎖から靖国に迫る手法が刺激的だった。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文768文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです