新型肺炎 「コロナ」協力呼びかけ 韓国大統領、日本批判避ける 3.1演説

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた「3・1独立運動」を記念する式典で演説した。感染拡大が続く新型コロナウイルス問題に相当な割合を割き、「共に危機を克服し、未来志向の協力関係に向けて共に努力していこう」と日本に呼びかけた。対日批判よりも、目の前の対策に重点を置いたとみられる。

 文氏は演説で日本を「常に最も近い隣国」と表現。「過去を直視してこそ、傷を克服できる。過去を忘れることはないが、過去にとどまることもない。日本もそのような姿勢を見せてくれることを願う」と強調した。元徴用工を巡る問題などへの具体的言及や直接の日本批判は避けた。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文416文字)

あわせて読みたい

注目の特集