メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

住友商事/中 「選択と集中」で体質改善

1970年代以降、住友商事の事業拡大をけん引した鋼板の加工工場=同社提供

 <since 1919>

 日本は戦後の混乱期を抜け、1950年代半ばから重化学工業を中心とする経済成長路線をひた走った。住友商事もこの流れに乗った。扱う商品の幅を広げて売上高を伸ばし、業界6位に躍り出る。

 60年代に入ると、各事業部門を一本化。鉄鋼、非鉄金属、電機、機械、農水産、化成品、繊維、物資燃料、不動産――の9本部制を敷く。70年代にかけて売上高を毎年約20%ずつ伸ばし、経営基盤を安定させた。

 経済環境が激変したのは80年代。日本企業は世界同時不況と原油価格の急落に見舞われ、85年の「プラザ合意」後の急激な円高で激しい打撃を受けた。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです