メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

アーティストを魅了「イデム・パリ」=河瀬直美

リトグラフ工房「Idem Paris(イデム・パリ)」にて、オーナーのパトリス・フォレストさんと=河瀬直美さん提供

 今年になって初めてのパリは東京での最新作「朝が来る」の初号試写を終えて羽田からの夜便で渡った。初号にはほとんどの俳優陣とスタッフが忙しい時間を割いて集まってくれ、試写室が満席になるほどだった。

 原作者の辻村深月さんとはエンドクレジットが上がりきった後、涙ながらに抱き合った。原作者が涙してくれるのは「あん」のドリアン助川さんもそうだったように、とてもうれしい。登場人物たちが生きた人々としてそこに居ることに感動してくれるのかもしれなかった。原作の映画化はこれで2回目だが、とても難しい。けれどやりがいがある。その作品を小説で読んでいる人たちのイメージもあるだろうし、原作者の想(おも)いもひとしおだろう。

 けれど、小説と映画は全く違う。具体的な画(え)で見せてゆく映画ではそのものがリアリティーを持って作品の中に溶け込むように成立させなければならない。つまり、小説のイメージだけに固執していては映画としてのリアリティーに欠けるのだ。いずれにしても生みの苦しみであった。そして、創作の喜びを一緒に創った皆と分かち合う最高の瞬間であった。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです