メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教員の負担減なるか 変形労働時間制導入、運動会の種目変更… 全国集会で取り組み共有

 <kyoiku no mado>

 教員の長時間労働が深刻さを増している。影響は教員採用にも及び、2019年度の小学校教員採用試験の倍率は2・8倍と過去最低となった。国や自治体はさまざまな手を打っているが、効果はどうなのか。今年1月に広島県で開かれた日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)では、現場の実態が報告されたほか、多忙解消の独自の取り組み例が共有される場となった。【成田有佳】

 教員の多忙解消策の一環で法改正され4月から変形労働時間制が導入される。学校行事が多い「繁忙期」(4、6、10、11月)に勤務時間の上限を延ばす代わりに、その延長分を「閑散期」(児童・生徒の夏休み期間中など)に回して休みをまとめ取りできるようにするのが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです