メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教員の負担減なるか 変形労働時間制導入、運動会の種目変更… 全国集会で取り組み共有

 <kyoiku no mado>

 教員の長時間労働が深刻さを増している。影響は教員採用にも及び、2019年度の小学校教員採用試験の倍率は2・8倍と過去最低となった。国や自治体はさまざまな手を打っているが、効果はどうなのか。今年1月に広島県で開かれた日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)では、現場の実態が報告されたほか、多忙解消の独自の取り組み例が共有される場となった。【成田有佳】

 教員の多忙解消策の一環で法改正され4月から変形労働時間制が導入される。学校行事が多い「繁忙期」(4、6、10、11月)に勤務時間の上限を延ばす代わりに、その延長分を「閑散期」(児童・生徒の夏休み期間中など)に回して休みをまとめ取りできるようにするのが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです