新型肺炎 就活解禁異状あり 説明会、ネットにシフト

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インターネットを使った合同企業説明会。会場に学生の姿はない=東京都文京区で2020年3月1日、藤井達也撮影
インターネットを使った合同企業説明会。会場に学生の姿はない=東京都文京区で2020年3月1日、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は就職活動にも大きな影響を及ぼしている。2021年春卒業予定の大学生らを対象にした会社説明会が1日に解禁されたが、リクルートスーツ姿の学生が集まる企業説明会は軒並み中止となり、インターネットを使って採用担当者と学生がやりとりする光景が各地でみられた。企業の雰囲気を肌で感じられる機会が失われたことに就活生の間では焦りや困惑が広がっている。【成田有佳、水戸健一、和田憲二】

 「文系だけでなく理系の学生にも活躍のフィールドがあります」。1日、東京都文京区の展示会場に設けられたブースの中で、三井住友海上火災保険の採用担当者がカメラに向かって自社をPRした。別のブースでは、すしチェーン「銚子丸」(千葉市)の石田満社長が、企業の選考方針などを説明し「お待ちしています」とカメラに手を振った。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1473文字)

あわせて読みたい

注目の特集