首相、休校要請の根拠は「専門家の意見でなく私の判断」 明確な科学的根拠に基づくものでなく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会の冒頭、発言を求めて挙手する安倍晋三首相=国会内で2020年3月2日午前9時、川田雅浩撮影
参院予算委員会の冒頭、発言を求めて挙手する安倍晋三首相=国会内で2020年3月2日午前9時、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中高校などに臨時休校を要請した根拠について「直接専門家の意見を伺ったものではない」と述べた。専門家の知見としては「これから1~2週間が拡大か収束かの瀬戸際だとの見解が示された」と指摘したうえで「判断に時間をかけるいとまがない中、私の責任において判断した」と述べ、明確な科学的根拠に基づくものではなく、政…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集