メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナPCR検査 根拠乏しい「政治判断」 首相釈明に追われ

PCR検査を巡る政府のトーンの変化

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、2月27日の新型コロナウイルス感染症対策本部で表明した全国一斉休校の要請を決める際、専門家の意見を聞かなかったことを認めた。「政治判断」をアピールした首相だが、判断の根拠は曖昧なままで、野党から「場当たり的」との批判を浴びた。PCR検査(遺伝子検査)を巡っては政府側の答弁内容にズレも見られた。野党の追及はさらに強まりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2038文字(全文2221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです