新型コロナPCR検査 根拠乏しい「政治判断」 首相釈明に追われ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
PCR検査を巡る政府のトーンの変化
PCR検査を巡る政府のトーンの変化

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、2月27日の新型コロナウイルス感染症対策本部で表明した全国一斉休校の要請を決める際、専門家の意見を聞かなかったことを認めた。「政治判断」をアピールした首相だが、判断の根拠は曖昧なままで、野党から「場当たり的」との批判を浴びた。PCR検査(遺伝子検査)を巡っては政府側の答弁内容にズレも見られた。野党の追及はさらに強まりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2038文字(全文2221文字)

あわせて読みたい

注目の特集