メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナPCR検査 根拠乏しい「政治判断」 首相釈明に追われ

PCR検査を巡る政府のトーンの変化

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、2月27日の新型コロナウイルス感染症対策本部で表明した全国一斉休校の要請を決める際、専門家の意見を聞かなかったことを認めた。「政治判断」をアピールした首相だが、判断の根拠は曖昧なままで、野党から「場当たり的」との批判を浴びた。PCR検査(遺伝子検査)を巡っては政府側の答弁内容にズレも見られた。野党の追及はさらに強まりそうだ。

 「検査を受けたいという方がすべて受けられるということではなく、医師が判断する」

 安倍首相はPCR検査に関し、こう強調した。

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです