メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

首相、インフル特措法改正を目指す方針 「新型コロナ感染症を対象に」

新型インフル特措法が定める主な対策

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、現行の新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正を目指す考えを示した。ただ、同特措法は住民への外出自粛要請を可能とするなど「国民の権利制限に直結する項目をずらっと並べた法律」(政府関係者)。制定時には一部の党が「人権を制限する」との理由で反対した経緯があり、野党側の対応が注目される。

 首相は予算委で特措法に関し「新型コロナウイルス感染症が対象になるように修正するのが望ましい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです