メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全校集会は開かず、テレビ通じて校長が話 千葉・寒川小 全国で臨時休校始まる

休校前最後の登校日となった千葉市立寒川小の教室で、テレビ画面を通して校長の話を聞く6年生の児童たち=千葉市中央区で2020年3月2日午前8時42分、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための安倍晋三首相からの要請を受け、全国の大半の小中高校などは2日、臨時休校に入った。保護者が共働きなどで、日中の自宅に大人が不在になってしまう子どもたちのために、一部の小学校では校舎を開放。同様の理由で、朝から児童の受け入れを始める学童保育もあった。

 市内で60歳代の教員の新型コロナウイルス感染が確認された千葉市では、3日から市立小中学校で2週間の臨時休校に入る。休校前最後の登校日となった2日、同市中央区の市…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです