臨時休校で使えない給食食材を格安販売 1時間で完売 愛知・一宮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
使えなくなった給食の食材を買い求める人たち=愛知県一宮市で2020年3月2日午前9時53分、兵藤公治撮影
使えなくなった給食の食材を買い求める人たち=愛知県一宮市で2020年3月2日午前9時53分、兵藤公治撮影

 愛知県一宮市では2日、臨時休校で給食がなくなり、使えない野菜などの食材が緊急販売された。食品ロスを防ぎ、税金の持ち出しも減らす狙い。仕入れ値の半額程度とあって朝から長い列ができ、約1時間で完売した。

 仕入れ業務を担う市学校給食会が、市立小中学校61校のうち約3分の1を賄う北部共同調理場の1万2700食分を販売した。同会によると、2月28日に休校が決まってすぐに発注を取り消し、納品済みの食材も冷凍食品などは返品できたが、生鮮品が残った。他の給食センター分もフードバンク…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集