羽田新ルートで国交省、航空会社に説明会 「あと1カ月で対応は難しい」と訴える声も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新しい飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機(上)=東京都品川区で2020年2月2日、北山夏帆撮影
新しい飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機(上)=東京都品川区で2020年2月2日、北山夏帆撮影

 国土交通省は2日、東京都心上空を通過する羽田空港の新しい飛行ルートについて、航空会社を対象にした説明会を開き、安全運航の確保を要請した。

 新ルートの運用は29日に始まる。騒音対策として好天時は高度を上げるため、着陸角度が従来よりも0・5度大きい3・5度となる。しかし2月の飛行確認で新たな角度に対応できなかった海外航空会社もあったため、国交省は説…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

注目の特集