メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「#愛してるよ宝塚歌劇団」休演中のタカラジェンヌ励ますツイッター相次ぐ

3月8日までの公演を中止するお知らせが掲示された宝塚大劇場=2020年3月2日午後2時31分、水津聡子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、宝塚歌劇団が2月29日から3月8日までの公演を中止したことを受け、ツイッターには「#愛してるよ宝塚歌劇団」の投稿が相次いでいる。劇団やタカラジェンヌを励ます声が集まり、ファンの愛がほとばしっている。

 中止されたのは宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)の星組公演▽東京宝塚劇場(東京都千代田区)の雪組公演▽東京建物Brillia HALL(東京都豊島区)の月組公演(3月1日の千秋楽まで)と、御園座(名古屋市)主催の月組公演(3月4日の千秋楽まで)。昨年も台風での公演中止はあったが、長期の公演中止は異例。1995年の阪神大震災の時は、宝塚大劇場が約2カ月半休場している。

 「#愛してるよ宝塚歌劇団」は、中止が発表された2月27日から投稿され始めた。公演中止について不満の声はなく「どうか、謝らないで。私たちはいつまでも待ってます」「この機会にジェンヌさんは家でゆっくりゆっくり休んで」「英断だと思います」など、励ましの言葉が数多く寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです