メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相が休校要請…直後から学習ドリルの売り上げ急増 ベスト10に6冊がランクイン

「くもんの小学2年の総復習ドリル」(くもん出版)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、安倍晋三首相が2月27日に全国の小中高校に臨時休校を要請した直後から、小学校低学年向けの学習ドリルの売り上げが急増している。出版物のベストセラー総合ランキングで、上位10冊の半数以上を学習ドリルが占める勢い。急な休校で、自宅で過ごすことになった子どもに勉強させようと、親が購入したケースが多いようだ。出版関係者は「小学生向けの学習ドリルが、ランキング上位に食い込んでくるのは異例のことだ」と語る。

 出版取次大手の日本出版販売(日販)によると、安倍首相が臨時休校を要請した翌28日~3月1日の3日間のベストセラー総合ランキング(文庫、コミックなどを除く、速報値)では、上位10冊中6冊で学習ドリルが占めた。2月25日時点の週間ランキングには、上位20冊に1冊も入っていなかった。

 中でも最も売れているのが、くもん出版の「総復習ドリル」シリーズ。4位の「くもんの小学2年の総復習ドリル」に続き、5位に「小学1年」、6位に「小学3年」、9位に「小学4年」がランクインした。同社営業担当者は「27日から注文が急増し、現在、総復習ドリルは1~6年の全てが在庫切れの状態です。急な話で、学校も、宿題など、生徒がやるべきことを提示できなかった。親としても授業もなくなるので不安に思って、総復習ドリルを購入したのではないか」と分析する。「学研の総復習ドリル」も、「小学3年」…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文1191文字)

山口敦雄

ビジネス誌「週刊エコノミスト」編集部記者、毎日新聞出版図書第二編集部編集長を経て、現職。著書に「楽天の研究」(毎日新聞社)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  2. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  3. 4連休最終日 空の便は午後の予約率97% 高速道も朝から渋滞

  4. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです