メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球とJリーグ、新型コロナで異例タッグ 「対策連絡会議」で情報共有

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とサッカーのJリーグは2日、感染症に詳しい専門家を交え、連携して対策を協議する「新型コロナウイルス対策連絡会議」を3日に設立すると発表した。プロ野球とJリーグが協力し合うのは異例。3日に12球団の代表者やJリーグの理事らが集まり、東京都内で第1回会議を開く。

 試合の開催やスタジアム運営のあり方、選手らの感染防止に関する情報などを共有し、公式戦開催などについて適正な判断をするのが目的。東北医科薬科大の賀来満夫特任教授ら3人の専門家チームを置き、3月中旬をめどに意見書の取りまとめを委嘱する。共有した情報は他の競技団体に公開する。最終的な開催の可否は、それぞれが独自に判断する。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです