プロ野球とJリーグ、新型コロナで異例タッグ 「対策連絡会議」で情報共有

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とサッカーのJリーグは2日、感染症に詳しい専門家を交え、連携して対策を協議する「新型コロナウイルス対策連絡会議」を3日に設立すると発表した。プロ野球とJリーグが協力し合うのは異例。3日に12球団の代表者やJリーグの理事らが集まり、東京都内で第1回会議を開く。

 試合の開催やスタジアム運営のあり方、選手らの感染防止に関する情報などを共有し、公式戦開催などについて適正な判断をするのが目的。東北医科薬科大の賀来満夫特任教授ら3人の専門家チームを置き、3月中旬をめどに意見書の取りまとめを委嘱する。共有した情報は他の競技団体に公開する。最終的な開催の可否は、それぞれが独自に判断する。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文829文字)

あわせて読みたい

注目の特集