特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「多様性」掲げる聖火リレーだが…日本社会の受け入れ準備は十分か 在留資格ない高校生「周りを見渡して」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤田螺子工業で技能実習生として働き、愛知県の聖火ランナーに選ばれたルハグワドルジ・ナンデンエルデネさん。右は同社の田川勝彦顧問=愛知県岡崎市で2020年2月6日午後6時17分、田原和宏撮影
藤田螺子工業で技能実習生として働き、愛知県の聖火ランナーに選ばれたルハグワドルジ・ナンデンエルデネさん。右は同社の田川勝彦顧問=愛知県岡崎市で2020年2月6日午後6時17分、田原和宏撮影

 「多様性」をうたう東京オリンピックの幕開けを告げる聖火リレーが26日に始まる。5枚の桜の花びらを五大陸になぞらえたトーチを掲げ、さまざまな国・地域にルーツを持つ人々が全国を駆け巡る。だが日本社会は本当に多様性を受け入れる準備ができているのだろうか。【田原和宏】

「会社の皆さんに恩返しをしたい」地域に溶け込む技能実習生

 名古屋市のネジメーカー「藤田螺子(らし)工業」が愛知県岡崎市に構える工場。モンゴル人女性のルハグワドルジ・ナンデンエルデネさん(28)が検査機器を手にネジに傷がないか目を凝らす。同社が2007年以降、県内2工場で受け入れてきた80人を超える外国人技能実習生の一人で、「ナンディア」の愛称で職場に溶け込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り2103文字(全文2418文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集