メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年金減額訴訟で原告の請求棄却 地裁 /岐阜

 法改正で公的年金が減額されたり、「マクロ経済スライド」により年金の給付額が物価や賃金の上昇より抑えられたりしたのは生存権の侵害で違憲だとして、県内の受給者ら約400人が制度の無効と減額分や差額分の支払いを求めた訴訟で、岐阜地裁は2日、いずれも合憲と判断、請求を棄却した。

 全国39地裁に起こされた同種訴訟で、訴えが退けられた札幌、大阪、青森の3地裁に続く4件…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  2. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  3. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  4. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  5. ウィズコロナへトライ! 県内の園児から中学生120人、ラグビーで運動不足解消 中電監督ら直接指導 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです