メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桟敷窓の町家にひな人形を展示 8日まで、日野 /滋賀

町家の桟敷窓から、展示されたひな人形を眺める家族連れ=日野町で、蓮見新也撮影

 歴史が感じられる桟敷窓の町家など150カ所以上で飾られた、ひな人形を楽しめる「日野ひなまつり紀行」が、日野町の大窪、村井など旧市街地一帯で行われている。8日まで。

 日野町は近江商人の発祥地の一つ。作家の司馬遼太郎や随筆家の白洲正子らが落ち着いた町並みを愛し、850年続くとされる日野祭(5月)を見物…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです