メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、県内でも 初確認は愛南・40代銀行員 無症状、同居家族は陰性 /愛媛

記者会見する大塚岩男・伊予銀行頭取(右)=松山市一番町4媛県庁で、中川祐一撮影

 新型コロナウイルスの感染者が2日、県内で初めて確認された。愛南町に住む40代女性で、複数の感染者が確認された大阪市のライブハウスを訪れていた。一緒にいた高知市の友人女性も、既に感染が確認されている。女性は現段階で症状はないという。伊予銀行によると、女性は同行愛南支店の行員で接客も担当していた。家族や同僚は2日までに検査の結果、陰性と判明した。【木島諒子、中川祐一】

 県によると、女性は高知市の友人から陽性反応が出たと聞いたことや報道を見聞きしたことで、2月29日に宇和島保健所の帰国者・接触者相談センターに連絡した。3月1日に検査して入院し、2日に陽性と判明した。同居の家族2人は陰性だった。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです