メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 「開いてもらえただけで幸せ」 急きょ中庭で卒業式 鹿屋中央高、笑顔の旅立ち /鹿児島

保護者らの拍手に送られて会場の中庭を後にする卒業生ら

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて鹿児島県鹿屋市の私立鹿屋中央高は2日、毎年体育館で開いている卒業式を中庭に移して執り行った。出席したのは卒業生と保護者、教職員だけで校歌斉唱も在校生の送辞もない寂しい式になったが、卒業生らは「こんな状況で式を開いてもらえただけで幸せ」と笑顔で学びやを後にした。

 屋内の感染リスクを避けて急きょ屋外での開催。万が一の雨などに備えて会場設営を当日しなければな…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです