メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

希望の聖火/1(その1) ランナー、国際色豊か

神奈川県の聖火ランナーに選ばれたチャンスリー龍海さん。生まれ育ったタイで始めたサーフィンが趣味=神奈川県座間市で2020年2月

 56年の歳月を経て、東京オリンピックの聖火リレーのランナーは様変わりする。1964年大会は陸上競技経験のある若者らがそれぞれ約2キロの距離を走ってトーチをつないだが、今回は1人わずか約200メートル。国籍、性別、障害の有無を問わず誰でも応募できたため、中学生から高齢者まで幅広い世代が並ぶ。とりわけ目立つのが、外国籍や海外にルーツを持つ人々だ。

 「『多様性と調和』という大会ビジョンの趣旨が生きたランナーが選ばれた」。大会組織委員会の布村幸彦副事務総長はそう強調する。各都道府県が発表した顔ぶれを見ると、日本のプロ野球で13年間プレーし、日本女性と結婚して日本国籍も取得したDeNAのアレックス・ラミレス監督(45)=神奈川、将棋の世界で外国人初の女流棋士となったカロリーナ・ステチェンスカさん(28)=山梨、台湾人の父と日本人の母を持つエッセ…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです