メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

希望の聖火/1(その2止) ランナー、国際色豊か 「多様性」担い走る

藤田螺子工業で技能実習生として働き、愛知県の聖火ランナーに選ばれたルハグワドルジ・ナンデンエルデネさん。右は同社の田川勝彦顧問=愛知県岡崎市で

 

 「多様性」をうたう東京オリンピックの幕開けを告げる聖火リレーが26日に始まる。5枚の桜の花びらを五大陸になぞらえたトーチを掲げ、さまざまな国・地域にルーツを持つ人々が全国を駆け巡る。だが日本社会は本当に多様性を受け入れる準備ができているのだろうか。【田原和宏】

実習生、懸命な姿発信

 名古屋市のネジメーカー「藤田螺子(らし)工業」が愛知県岡崎市に構える工場。モンゴル人女性のルハグワドルジ・ナンデンエルデネさん(28)が検査機器を手にネジに傷がないか目を凝らす。同社が2007年以降、県内2工場で受け入れた80人超の外国人技能実習生の一人で、「ナンディア」の愛称で職場に溶け込んでいる。

 ナンディアさんは、数多くの有名人と並んで愛知県内の聖火ランナーに選ばれた。11月に最長5年の在留期限を迎えるナンディアさんは「日本で頑張ってきたから神様が選んでくれたのかな。会社の皆さんに恩返しをしたい」と流ちょうになった日本語で喜ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 岸田派宏池会に“建設的反主流派”の役割を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです