連載

火論

社会部、ワシントン・エルサレム特派員などを歴任した大治朋子専門記者によるコラム。

連載一覧

火論

想像をするヒント=玉木研二

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ka-ron>

 明治以来、一律一斉を世界に誇った日本の学校教育だった。今、思わぬ「試練の春」を迎えた。

 新型コロナウイルス感染に先手を、と安倍晋三首相が全国の学校を対象に要請した一斉休校だ。

 学校が全国にわたり、これほど長く臨時休校した類似例は、戦争末期「戦時教育令」などによる授業停止ぐらいしかない。国民学校(小学校)には学童疎開があった。

 授業停止は沖縄本島の戦いが始まった1945年4月1日から8月の日本全面降伏まで続いた。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1030文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集