メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 生前贈与の留意点は

 Q 生前贈与の留意点は

 資産を引き継ぐにあたって子世代の役に立っている実感を得たいとの思いがあり、相続よりも生前贈与を検討しています。非課税枠もあるようですが、留意すべきことはありますか。(男性、60代)

 A 「暦年」は手法間違うと課税に

 苦労しながら築いた資産を子や孫に早めに引き継ぎ、有効に使ってほしいとの思いはごく自然な感情です。子世代にとっても、教育費やマイホーム購入など大きな支出が重なる時期の親からの資金援助は、とてもありがたいことでしょう。

 子や孫への住宅資金や教育資金など用途を特定した贈与には、大きな非課税枠があります。しかし、手続きや申告等が少し煩雑です。一方、年間110万円以下の贈与が非課税となる暦年贈与は、用途に限定のない生前贈与策として手軽に活用できると考える人も多いようです。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです