メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

スター発掘 親方奮闘

鳴戸親方(中央)と弟子たち。元林改め欧勝竜(右から2人目)ら、今後が楽しみな若手がそろう=東京都墨田区で2020年2月

 無観客での開催が決まった大相撲春場所(8日初日・エディオンアリーナ大阪)。3月は卒業シーズンと重なるためデビューする新弟子が多く、「就職場所」ともいわれる。後に横綱に上り詰める若乃花、貴乃花兄弟が二十歳そこそこで優勝を遂げ、「若貴ブーム」を巻き起こした1992、93年、大相撲の世界に入る新弟子は年間200人を超えたが、その後は減少傾向が続く。2006年以降は一度も3桁に届かず、19年は70人だった。相撲人気の裏で進む「相撲離れ」は大きな課題だ。人材の発掘、育成に奮闘する若手、中堅親方の姿を追う。

この記事は有料記事です。

残り2373文字(全文2624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです