メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

中断期間 成長の機会に=柱谷幸一

 Jリーグは開幕した途端、新型コロナウイルスの感染拡大で3月15日までの試合が延期となった。残念だが仕方がない。

 延期と聞いて、2011年の東日本大震災を思い出した。あのときは1カ月以上の中断となった。私は浦和のゼネラルマネジャー(GM)を務めていたが、ブラジル人選手は地震の体験があまりなかったようで、とても怖がっていた。帰国させようか迷ったが、大阪に避難してもらった。

 日程の調整をはじめ、各クラブもJリーグも、いろいろな苦労があって大変だと思う。ファンもさみしい思いをしているだろう。一日も早い収束を願うばかりだ。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです