メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時休校・休業補償 菅氏「フリーランス、個人事業主は融資で」 働き方で保護者に格差

閣議後の記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2020年3月3日午前10時2分、川田雅浩撮影

[PR]

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校対策の一環として導入する保護者への休業補償について、雇用関係がないフリーランスや個人事業主は「対象とならない」と述べた。希望者は政府系金融機関などから有利な条件で融資を受けられることとする。ただ、休業補償と違って返済の義務があり、「働き方」によって保護者間で格差が生じる形だ。

 厚生労働省は2日、保護者に休暇を取得させた企業に対して日額8330円を上限に助成金を支給すると発表した。菅氏は会見で「今般の助成金は事業主と雇用関係にない方は対象とならない」と説明した上で、「フリーランスを含む事業者の資金繰り支援として、(政府系の)日本政策金融公庫などによる(中小企業向けの)緊急貸し付け・保証枠として5000億円確保などの措置を講じている」と説明した。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. こんな時どうするQ&A 消毒用エタノールがない 塩素系漂白剤で代用 手には使えず

  3. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  4. こんな時どうするQ&A 不織布マスク 洗って再利用 破れたら絶対使わない

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです