メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本へのスパイ活動「ある」 政府答弁書を閣議決定 情報機能の強化も検討

首相官邸=本社ヘリから

 政府は3日、外国の情報機関による日本へのスパイ活動が行われることは「あると考えている」とする答弁書を閣議決定した。米国の中央情報局(CIA)や英国の秘密情報部(MI6)のような「対外情報機関」を日本に創設する計画があるかとの問いには「さまざまな議論があるものと承知しているが、政府としては今後とも情報機能のさらなる強化について検討を行っていく」と答えた。

 NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員の質問主意書への答弁。丸山氏はソフトバンクの機密情報漏えい事件に在日ロシア通商代表部幹部が関与したとされることに触れて「重罰を規定しスパイ活動を阻止している国もある。(日本も)スパイ防止法を制定すべきだ」と主張。これに対し答弁書は、対外情報機関の創設に関する問いへの答えと同様に「情報機能のさらなる強化について検討を行っていく」と回答した。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです