メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相、PCR検査巡り釈明「今すぐできるとは言っていない」 参院予算委で

参院予算委員会で共産党の小池晃書記局長の質問に答弁中、違う質問への答弁資料を読んだため秘書官から正しい答弁資料を受け取る安倍晋三首相(手前右)=国会内で2020年3月3日午後5時32分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は3日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策のためのPCR検査(遺伝子検査)について「今すぐできるとは言っていない」と述べた。2月29日の記者会見では「かかりつけ医などの判断で全ての患者が受けられる」などと語っていたが、実施時期は未定だと説明した。共産党の小池晃氏への答弁。

 首相は29日の会見で「かかりつけ医など身近にいる医者が必要と考える場合は、全ての患者がPCR検査を受けることができる十分な検査能力を確保する」と発言。しかし、加藤勝信厚生労働相は3月2日の参院予算委で「(感染が疑われる患者を専門的に治療する)『帰国者・接触者外来』で受け入れることが難しくなった段階で、かかりつけ医等に切り替えていく」と述べ、答弁に「ズレ」が生じていた。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです