メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秘書逮捕の日 説明拒む河井夫妻 「不愉快だ」地元議員も謝罪要求

広島地検が入る広島法務総合庁舎前に集まった報道関係者=広島市中区で2020年3月3日午前10時25分、平川義之撮影

 2019年参院選を巡り、河井案里参院議員の陣営が車上運動員に違法な報酬を支払ったとされる事件で、広島地検は3日、案里氏と、夫で法相も務めた克行衆院議員の公設秘書の逮捕に踏み切った。だが、保守分裂の激しい選挙を取り仕切ったのは、克行氏との証言もある。疑惑の発覚から4カ月。この日もコメントを出しただけで説明を拒んだ夫妻に、地元からは「秘書に責任を押しつけるな」と批判が巻き起こった。

 「案里氏陣営の実質的な選対本部長は克行氏だった」。陣営に携わった男性はそう明かす。男性によると、案里氏の選挙事務所には克行氏の部屋があり、ほぼ毎日1時間ほど訪れては、各方面からの情報を基に詳細なメモを作り、指示を出した。「車上運動員が選挙区のどこでどんなアナウンスをするかや、案里氏の演説の内容まで細かくチェックしていた。運動員の報酬の金額などを克行氏が把握していなかったとは思えない」と証言する。

この記事は有料記事です。

残り2033文字(全文2424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです