メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「トイレットペーパー、倉庫に在庫潤沢 ご安心を」富士・丸富製紙のつぶやきが拡散

トイレットペーパーの在庫が山積みにされた倉庫を伝える丸富製紙のツイッターの投稿

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に関連して各地の小売店でトイレットペーパーの品切れが相次ぐ中、トイレットペーパーの国内生産量が全国1位の静岡県富士市で、製紙会社「丸富製紙」が在庫が山積みになった倉庫の写真をツイッターに投稿、1日で約7万4000リツイート(転載)され話題となっている。

 同社は2日午後に「各地でトイレットペーパーが不足するなど、一部報道されておりますが、当社倉庫には在庫が潤沢にございますので、ご安心ください!」とのメッセージと写真を投稿した。ツイッターの利用者からは「何よりも説得力のある投稿」などと反響が寄せられた。

 同社によると、2月下旬から注文が殺到し、26、27日の2日間で通常の2カ月分の注文があった。在庫は十分あるものの配送が追い付かない状況で、インターネットによる新規注文を一時的に停止した。同社は「原材料も国内で調達しており、トイレットペーパーが全くなくなることはあり得ない。落ち着いた行動をしていただきたい」と呼びかけている。

 富士市産業政策課によると、2018年の市のトイレットペーパー生産量は31万7946トン(国内シェア30.4%)で全国1位。【古川幸奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです