ニューヨーク・タイムズの日本批判寄稿に反論「WHOは対応評価」外務省報道官

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外務省=東京都千代田区で、山本晋撮影
外務省=東京都千代田区で、山本晋撮影

 外務省の大鷹正人外務報道官は2日付で米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)に寄稿し、上智大の中野晃一教授が同紙への寄稿で展開した日本政府の新型コロナウイルス感染対応への批判に反論した。

 中野氏は2月26日付で「日本はコロナウイルスに対処できない。オリンピックの開催は可能か」と題して寄稿。集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応などを巡り、安倍晋三首相の危機管理対応や官僚の「事なかれ主義」などを批判した。

 また、国内で感染が疑われる場合に公的医療機関に連絡する時期や方法について、厚生労働省が2月17日まで国民に明らかにしなかったとして、「日本政府の対応は驚くほど無能」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集