新型コロナが影響? 中国で大気汚染物質の濃度が劇的改善 経済活動が停滞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地球観測衛星で観測した中国上空の二酸化窒素濃度。白色、水色、オレンジ色、赤色の順に濃度が高くなる。左が武漢市封鎖前の2020年1月1~20日の平均、右が封鎖後の2月10~25日の平均=NASA提供
地球観測衛星で観測した中国上空の二酸化窒素濃度。白色、水色、オレンジ色、赤色の順に濃度が高くなる。左が武漢市封鎖前の2020年1月1~20日の平均、右が封鎖後の2月10~25日の平均=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)などは、新型コロナウイルスの感染拡大によって中国湖北省武漢市が封鎖された後、中国で大気汚染物質の二酸化窒素(NO2)の濃度が劇的に低下したとの人工衛星による観測結果を公表した。経済活動の停滞が影響していると考えられるという。NO2は自動車や火力発電所、工場などから排出される大気汚染物質の一つ。

 NASAが、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星による観測結果から、上空の対流圏(高度約10キロ)のNO2濃度を分析した。すると、封鎖後の2020年2月10~25日の平均濃度が、封鎖前の1月1~20日の平均濃度から大きく下がっていた。濃度低下は武漢市周辺から始まり、徐々に中国全体で同様の現象が見られるようになったという。濃度は、高かった地域では半分から4分の1程度となった。

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集