新幹線の車いすスペース拡充 予約は当日でも可能に グループ利用にも対応 国交省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新幹線の新たなフリースペース設置にあたり参考とされているドイツの高速鉄道「ICE」の車いすスペース=国土交通省提供
新幹線の新たなフリースペース設置にあたり参考とされているドイツの高速鉄道「ICE」の車いすスペース=国土交通省提供

 国土交通省は3日、新幹線の新たなバリアフリー対策として、従来の車いすスペースを拡充した「車いす用フリースペース(仮称)」を設置すると発表した。夏ごろまでに省令やガイドラインを改正する。省令改正以降に導入される新車両は義務化されるが、既存車両は努力義務となる。

 国交省によると、車いすスペースは現在、1編成に1~2カ所しかなく…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集